レスキューハウス

料金のご案内

レスキューハウス

お問い合わせ

協力店・提携業者・直営店募集

セメント瓦の寿命はどれくらい?

query_builder 2022/05/01
コラム
17

セメント瓦は、セメントで作られた屋根材です。
では、セメント瓦の寿命はどのくらいなのでしょうか。
そこで今回は、セメント瓦の寿命とメリットとデメリットをご紹介します。

▼セメント瓦の寿命
セメント瓦の寿命は、およそ30〜40年程度です。
ただ、環境によって寿命は左右されます。
例えば、雨や風などが多い地域だったり、強い日差しがあたる場所だと寿命は短くなります。
そのため、葺き替えは30年を目安におこなうといいでしょう。

▼セメント瓦のメリット
■形の種類が豊富
セメント瓦は、セメントを原料にしているのでさまざまな形に加工できます。
形の種類が豊富に揃っているので、建物に合う瓦や自分好みの瓦を選べます。

■施工しやすい
薄い板上の建材を繋いで作る屋根材なので施工がしやすいです。
少ない人数で施工できるので、費用を抑えることができます。

▼セメント瓦のデメリット
■割れやすい
一方でデメリットは、割れやすい特徴を持っていることです。
セメントのため、硬くて衝撃に弱いので、他の屋根材と比べると割れやすいです。

■塗装をしないと劣化が早くなる
セメント瓦は、表面に塗装をしないと劣化が早くなってしまいます。
雨などの水分が中に染み込んでしまうので、定期的に塗装をしましょう。

▼まとめ
セメント瓦の寿命は、およそ〜40年程度です。
また、セメント瓦のメリットは形の種類が豊富・施工しやすいなどの特徴を持ちます。
割れやすく、塗装をしないと劣化が早くなるなどのデメリットもあります。
セメント瓦の導入を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

NEW

  • 加古川市でベランダの防水工事(レスキューハウス)

    query_builder 2022/03/16
  • 雨漏りの修理でトラブルを防ぐためには?

    query_builder 2022/06/22
  • 雨漏りはどこから起きる?

    query_builder 2022/06/15
  • 雨漏りはシロアリの原因になる?

    query_builder 2022/06/08
  • サッシからの雨漏りはどんな原因で起こる?

    query_builder 2022/06/01

CATEGORY

ARCHIVE