レスキューハウス

料金のご案内

レスキューハウス

お問い合わせ

協力店・提携業者・直営店募集

コロニアル屋根のメンテナンスについて

query_builder 2022/04/09
コラム
11

コロニアル屋根とは、ストレート屋根のことです。
屋根の中でも多くの住宅で使われていますが、メンテナンスについてご存知でしょうか?
そこで今回は、コロニアル屋根のメンテナンスについてご紹介します。

▼コロニアル屋根のメンテナンス
■塗装のメンテナンスは7〜20年程度で必要
コロニアル屋根は築10年くらい経つとだんだんと劣化が始まります。
劣化は主に、雨漏り・瓦の割れ・コケ・塗膜の剥がれなどが見られます。
劣化している場所を発見したら、年数に関わらず早めに対処するようにしましょう。

■屋根の耐久年数は10〜35年
製品にもよりますが、耐久性のある屋根なら20〜30年程度持ちます。
耐久性がそれほど高くない製品なら10年前後で劣化するので、きちんとメンテナンスをしましょう。
メンテナンスをすることにより、寿命を延ばすことができますよ。
劣化を放置してからのメンテナンスは、効果が半減してしまうので注意してください。

■防水シートは10〜30年で交換
屋根材の下にはルーフィングという防水シートがあります。
ルーフィングは屋根材よりも耐久性年数が短く、10年前後でメンテナンスが必要になります。

▼まとめ
コロニアル屋根の塗装のメンテナンスは7〜20年程度、屋根の耐久年数は10〜35年、防水シートは10〜30年で交換が必要となります。
コロニアル屋根はメンテナンスをおこなうことによって、長持ちさせることができます。

長く使えるようにするためにも、メンテナンスは怠らないようにしてください。
また「レスキューハウス」では、雨漏りなどの修理をおこなっています。
屋根関係でお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 加古川市でベランダの防水工事(レスキューハウス)

    query_builder 2022/03/16
  • 雨漏りの修理でトラブルを防ぐためには?

    query_builder 2022/06/22
  • 雨漏りはどこから起きる?

    query_builder 2022/06/15
  • 雨漏りはシロアリの原因になる?

    query_builder 2022/06/08
  • サッシからの雨漏りはどんな原因で起こる?

    query_builder 2022/06/01

CATEGORY

ARCHIVE